介護予防サービスの展開に向け、大手各社が早くも様々な取り組み

セントレアとセントケアって似てません?

介護予防サービスの展開に向け、大手各社が早くも様々な取り組み

▼ 引用 ▼ 

2006年度の介護保険制度改正で導入が予定されている介護予防。
その基本的な枠組みがこのほど明らかになったが、
大手各社は介護予防サービスの提供体制の構築に向けて早くも動き出している。
筋力トレーニング機器の設置、専門スタッフの育成、ヘルパーへの研修実施など、
各社の取り組みは様々だ。

▲ ▲ 日経Med wave より

簡単に紹介します

・ニチイ 通所事業で介護予防サービス。フィンランド製の筋トレマシン導入
・コムスン 介護予防プログラム開発。通所事業拡大
・セントケア 機器に頼らずヘルパーを研修し介護予防に対応できるスタッフ育成

簡単すぎ?

まぁ、なんにしても介護保険の見直しによって、
従来の経営では事業が成り立たなくなるわけですから、
新しい分野を開拓していかなければいけないわけです。
牛丼が発売中止になって各チェーン店豚丼なりカレー丼を出したような。
介護予防が豚丼並みのヒット商品となるかどうかは今後の展開次第でしょうね。