老人ホームにクマが侵入、けが人はなし

介護福祉ブログコミュニティ

そいつはクマった、なんて。。。

老人ホームにクマが侵入、けが人はなし 富山

▼ 引用 ▼ 

28日午前5時半ごろ、富山県上市町舘の特別養護老人ホーム「常楽園」に、
クマが玄関の自動扉のガラスを割って侵入、
施設内のガラス扉を壊すなどして玄関から逃げた。
約100人の入園者がいたが、けが人はなかった。
上市署と地元猟友会で付近を警戒している。

同署の調べによると、
玄関の扉をたたく音を聞いた泊まり込みのボランティア男性が玄関に向かったところ、
侵入したクマを発見。
クマは玄関から約2.5メートル先のガラス扉を割って、事務室に入った。
男性が大声をあげるとクマは1度外に出たが再び戻り、
入園者の部屋に通じる扉にぶつかって逃げたという。
この間、2分ほどだったという。

施設は山のふもとで民家が点在している田園地帯にある。
ホームの野村隆施設長は「昨日目撃情報があって警戒していたが、
まさか本当に入ってくるなんて信じられない。けが人がなくて良かった」と話している。

富山県では今年に入ってクマによる被害が相次ぎ、
これまでに13人が重軽傷を負っている。

▲ ▲ Asahi.com より

実はクマさんも高齢で、デイサービスに来たのかもしれない。
お風呂に入れてほしかったのかもしれない、特殊浴槽で。

そもそも何がいけないかって、これですよ、これ。

「 施設は山のふもとで民家が点在している田園地帯にある。 」

施設が社会と切り離された弊害が
まさかこんな事件になって表面化するとは思いもしませんでした。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です