介護サービス情報公表制度、手数料・義務化廃止。

介護福祉ブログコミュニティ

介護サービス情報公表、手数料負担廃止へ―調査義務付けも見直し

 厚生労働省は9月24日、社会保障審議会(社保審)の介護保険部会(部会長=山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大教授)に、「介護サービス情報の公表制度の見直しの方向性(案)」を示した。事業所が負担する手数料を廃止するほか、調査の義務付けも見直す方針。来年の通常国会で介護保険法を改正し、2012年度から施行したい考えだ。

そもそも制度自体廃止にしたほうがいいんじゃないの?
運営や調査に必要なその財源は介護保険料から出るんですかね・・・・。う~ん。。。
システム管理を国が一元化するということで、まともなシステムができることに期待しましょう。

介護福祉ブログコミュニティ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です