笑う介護士、処分保留で釈放。facebookページに本人からのコメント。

介護福祉ブログコミュニティ

強姦容疑の「笑う介護士」処分保留で釈放 東京地検

 東京地検は14日、強姦(ごうかん)容疑で警視庁に逮捕された介護福祉士の袖山卓也・介護関連会社役員(41)=名古屋市熱田区一番3丁目=を処分保留で釈放し、発表した。理由は明らかにしていない。
 警視庁は4月、袖山役員が3月上旬に都内のホテルの一室で20代女性に「愛人になってほしい」などと迫り、強姦した疑いがあるとして逮捕した。警視庁によると、袖山役員は「合意のもとでやった行為だ」と容疑を否認していたという。
 袖山役員は「笑う介護士」や「ヤンキー介護士」として、マスコミで活動が紹介されていた。

笑う介護士として知られた袖山卓也氏が、先月、強姦の容疑で逮捕されていましたが、
処分保留として釈放されました。
自身が代表を務める有限会社笑う介護士のfacebookページに本人のコメントが掲載されています。

この度は、皆様方に大変な御心配とご迷惑をお掛けいたしましたことを、心より深くお詫び申し上げます。
色々と不確かで不鮮明な情報が飛び交う現代社会の中、たくさんの方々がたくさんのご想像をされながら生きていることでしょう。
ですが、今のわたしから申し上げられることは唯一つです。
法の定めの元、身に覚えのないことに対しずっと否認を続けまして、示談に頼る事なく、無事に疑いが晴れ、自由を頂きました。
真実は皆様の想像を絶する所にありますが、これ以上は控えます。
憶測は憶測を生みます。悪意や敵意も悪意や敵意を生むのみです。
諍いは諍いを生み、争いは争いを生むだけだと思います。
大変苦しい現状ではあれど、命がありますので、これから命を懸けて活動し、大切な人々を守りつつ、天命を全ういたします。
わたしを信じて下さる方が一人でもいる以上、わたしはがんばり続けられます。
まだこれから考えますが、今後の活動等はHPに載せていきます。
死ぬ気でマイナスから積み上げて、今を超えるつもりです。
もう大丈夫ですので、これ以上のお言葉は要りません。
お気持ちだけ頂戴いたします。
ただただ、末永くどうぞよろしくお願い申し上げます。
袖山卓也

ただ、今回の一連の騒動で、
「笑う介護士」の悪評がいたるところで噴出していたこともまた事実です。
これまでのような活動はできないだろうと思いますが、
さらに、介護業界に対する不信感をさらに強めるだけのインパクトがありました。
合意だろうとなんだろうとホテルの部屋に入ったのは
事実として本人も認めているわけですから、
軽率な行動だったことは間違いないわけです。
介護業界全体の信頼ということについても、向き合っていただくことが必要です。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です