本当に必要としている人のためのリハビリテーションとは。

介護福祉ブログコミュニティ

日数制限でリハビリ打ち切り 患者に広がる憤りと不安

 四月の診療報酬改定に伴って、医療保険で受けられるリハビリに日数制限が設けられたが、兵庫県内でも、日数を超えた外来患者のリハビリ打ち切りや、リハビリ外来の閉鎖を検討する病院が出始めた。こうした中、日数制限撤廃を求める署名は三万人を突破、患者らの憤りや不安の声が寄せられている。(網 麻子)
 リハビリはこれまで医療保険適用の期間に制限がなかった。今回の改定で疾患別に日数制限が決められ、脳卒中など脳血管疾患が百八十日、心大血管疾患が百五十日、運動器が百五十日、呼吸器が九十日。それ以上は自己負担となる。難病などは対象外の「除外規定」とされた。
 日数計算は四月から始まっており、今後大量の患者が一斉に日数制限を迎える一方、病院の中にはリハビリ外来閉鎖検討の動きも出ている。
 神戸市と同市医師会などの財団法人が運営する神戸リハビリテーション病院(同市北区)。日数制限を迎えた外来患者が約二百五十人に上った。定期的な診療が必要な患者には地域の医者を紹介、介護保険の利用なども勧めた。担当者は「患者は困っていると思うが、断らざるを得なかった」と苦渋の表情で話した。

診療報酬の改定に伴い、リハビリ医療は180日に制限されています。
日数だけでバッサリと切り捨てられてしまうリハビリテーション。
リハビリには継続性が大きな要素となっています。
重度化が進めば、機能を維持するためにも継続することが必要です。
確かに、初期のリハビリテーションは効果も見えやすいのですが、
継続するリハビリテーションの意味を忘れてはいけません。
このリハビリテーションの日数制限への反対運動が行われています。
署名活動では現在4万人の署名が集まっているそうです。
街頭での署名活動も随時行うようです。
ぜひご協力を。
リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動
CRASEED Rehablog

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です