介護家族へのアンケート。虐待を経験あり26%、虐待しそうになったことがある30%。

介護福祉ブログコミュニティ

26%の家族介護者が”虐待経験あり”と回答、心理的虐待8割

エス・エム・エスはこのほど、同社が運営する介護に関するQ&Aサイト『安心介護』にて、介護現場における虐待の実態調査を実施し、その結果を発表した。同調査は、2011年9月29日~11月14日の期間にインターネット上で行われ、『安心介護』会員207名から有効回答を得た。
それによると、日常的に家族の介護を行っている人の26%が虐待経験「あり」と回答。反対に、「なし」と答えた人は74%だった。虐待経験がある人に虐待の種類を尋ねたところ、最も多かったのは暴言やいやがらせなどの「心理的虐待」で84.9%に上った。次いで、被介護者に”暴力的な行為”をふるうなどの「身体的虐待」が41.5%、「介護放棄・放任」が17.0%、「経済的虐待」が3.8%となった。
虐待経験「なし」と答えた人(74%)に、虐待をしそうになったことはあるかと聞いたところ、41%が「虐待をしそうになったことがある」と回答。これを計算すると、全体の30%が「虐待をしそうになったことがある」ことが明らかになった。
「虐待をしそうになったことがある」頻度を見ると、トップは「数カ月に1回程度」で32.8%だったが、「週に1回程度」は26.2%、「1カ月に1回程度」は19.7%、「2週に1回程度」は9.8%、「毎日」は3.3%となっており、これらを合わせると「1カ月に1回以上」は59%と約6割に上ることが判明。また、「週に1回以上」と回答した割合で見ても29.5%と高い傾向にあることが分かった。

介護をする家族を対象にしたアンケートで、
全体の26%が虐待の経験があり、
全体の30%は虐待しそうになった経験があるということです。
つまり、全体の半数以上は虐待リスクのある家庭ということで
単純に考えることができます。
ただ、重要なのは残りの44%で、
虐待についての認識が不十分な家族や、
介護の苦しさを誰にも話すことができない家族など、
44%が必ずしも虐待リスクのない家庭ではなく、
むしろ虐待が深刻になるリスクが高いケースが含まれています。
実際、虐待ケースとして地域包括や市町村が把握しているのは
このごくごく一握りのケースだけです。
SNSサイトもそうですけど、
もっと家族介護者がオープンに話し合えたりする環境が大事ですよね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です