神戸市議会、カジノ・麻雀デイサービスを規制する条例案を可決!

カジノ

“カジノ型”デイサービス 規制の条例可決 神戸市会

 神戸市議会は24日、デイサービス施設でのパチンコやマージャンなどの常態的な提供を禁止する関連条例の一部改正案を可決、改正条例が成立した。市によると、過剰な遊技サービスに対する規制は、全国の都道府県や政令市などで初めて。近く施行する。

 改正条例では、射幸心をあおる恐れのある遊技を常時行わせる▽疑似通貨を使い、依存性を著しく強める恐れのある遊技を提供する▽賭博や風俗営業を連想させる広告を掲示する-の3点を禁止。違反が確認されれば、市はデイサービス施設として指定しないことができる。

 市によると、パチンコやマージャン、ポーカーなどを機能訓練の一環として提供する“カジノ型”や“アミューズメント型”と呼ばれる施設が全国的に増加。利用時間の大半を遊技に充てるなど、介護保険の趣旨に反するサービスも見受けられるようになっているという。

 兵庫県も、同様の改正条例案を今月28日に開会する定例会に提出する方針。

以前このブログでも紹介した神戸市のデイサービス設置規制の条例案が可決されました。
射幸心をあおることや、疑似通貨を使って依存性を高めるといったことが問題視されているようです。
介護予防への効果などについて問われることはなく、いかに有効であっても射幸心をあおるものであればそれは指定をできないということでしょう。
今回は神戸市で可決された内容ですが、おそらく兵庫県でも同じように規制がかかるとみられています。
近いうちに同様の規制が広い範囲に広がっていくかもしれません。

カジノについてはともかく、
麻雀については、健康麻雀として積極的に推奨している自治体も多く、
認知症予防への効果の高さも注目されています。
ただ、デイサービスでの活動の一環に麻雀を取り入れている事業所にも
こういった流れを受けて影響が出てくることも考えられます。
デイサービスが個別的にアセスメントをする中で、
麻雀というプログラムが期待できると計画してきたものであれば、
そのサービス提供を規制する必要はないと思われますが、
それでも射幸心をあおるもので、依存性を強める恐れがあると判断されてしまえば、
サービス提供をよしとしない自治体もでてくるのかもしれません。

他のニュース記事では、

神戸市議会は、カジノなどを主なサービス内容とする、高齢者向けデイサービスを規制する改正条例案を可決しました。

なんて報道をされていますが、
カジノを主なサービスにしているわけではなく、
カジノを通しての介護予防を主なサービスにしているんですよね。

カジノをしている時間は介護保険の時間外で提供するという方法をとるなんて場合はどうなんでしょうね。
デイサービスで理美容をするときのように、カジノに費やした時間はデイサービスの利用時間外扱いにするとか、
まあ、だめでしょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

介護福祉ウェブ制作ウェルコネクトの代表。ウェブ制作を通して介護が社会に開かれることを目指しています。 ウェブサイト制作やリニューアルについてのご相談もお待ちしています。