24時間地域巡回型訪問介護サービスは地域包括ケアの柱になりうるか

ウェブサイト「ホームヘルパー井戸端会議」
「24時間地域巡回型訪問介護サービスとは」を掲載しました。
今回の介護保険改正のひとつのコンセプトとして、
地域包括ケアシステムの構築というものがあげられています。
住み慣れた地域の中で介護・看護の一体的な支援を受けながら
随時訪問でも30分以内に駆けつけてくれることで、
在宅にいながら施設にいるような安心感を得るという、
非常に高い理想を掲げています。
すでに関係者からも、非現実的だという批判も多く、
課題の残るサービス新設になりそうです。
今後の情報にも注目していきたいと思います。