デイサービス送迎中の踏切事故。電車と衝突し、利用者と添乗職員死亡。

介護福祉ブログコミュニティ

踏切事故で死亡は介護士ら デイサービスのワゴン車

 群馬県高崎市の上信電鉄踏切で30日午前、電車とデイサービスの送迎用ワゴン車が衝突、男女2人が死亡した事故で、高崎署は同日、2人は、踏切近くに住む無職酒井幸雄さん(85)と、デイサービスの介護士桐渕智子さん(36)=同県玉村町上新田=と確認した。
 同署によると、酒井さんと桐渕さんは胸などを強く打ち死亡した。酒井さんはデイサービスの利用者で、桐渕さんは送迎の付き添いで乗っていた。ワゴン車の男性運転手(70)は、腰などを打ち軽傷。

デイサービス送迎での事故のニュースが多いような気がします。
胸などを強く打ち、ということで、
特に添乗職員がシートベルトをしていたのかどうか。
でも、現実的に添乗職員は移動中も動きが多く、
シートベルトをしていないデイサービスも多いような気がします。
同じ踏切での事故が多いようなので、
この踏切自体にも問題はあるように思いますが、
送迎ルートはあくまで安全を最優先に考えて・・・。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です