株価:介護関連の銘柄人気のわけ。

介護福祉ブログコミュニティ

介護関連 業績上ぶれ期待 報酬引き上げが後押し

介護関連銘柄が上昇基調を鮮明にしている。医療事務・介護事業のニチイ学館は19日、前日比31円安の1593円で取引を終えたが、日経平均株価が終値で昨年の最安値をつけた昨年10月27日と比べて87%超高い。通所介護サービスのやまねメディカル(ヘラクレス市場)の終値も300円安の4万円だったが、77%超の値上がり率。28円高の1070円で終わった在宅介護のツクイ(ジャスダック市場)、100円高の3万600円で終わった訪問介護のセントケア・ホールディング(同)もそれぞれ35%超、39%超値上がりしており、日経平均の値動きに比べて好調さが目立つ。
 高齢化で介護需要は拡大の一途をたどるとみられるうえに、今年4月に介護報酬が3%引き上げられることが関連銘柄の上昇を後押しした。介護事業の収益は、介護保険から支払われる報酬に連動するため、2010年3月期以降の業績拡大が期待されているわけだ。

介護関連銘柄の株価が上昇しています。
介護報酬改定の内容に関しては、
実際、介護関連企業の事業そのものの大きな追い風になるかといえば、
おそらくそれほどのものでもないのかなという印象がありますが、
それでも、この不景気に報酬アップが見込まれるという分野のわけですから、
人気にもうなずけます。
大手企業がこの介護報酬改定を機に、
スケールメリットを生かしてどう拡大していくのかに注目が集まります。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です