注目の2009年度介護報酬改定、報酬引き上げ方針へ。

介護福祉ブログコミュニティ

厚労相、09年度に介護報酬引き上げ方針

 舛添要一厚生労働相は3日、介護保険事業者に支払う介護報酬について「介護士さんの処遇がよくないので、来年の改定で上げたい」と述べ、2009年度の改定で引き上げる方針を示した。都内の訪問看護ステーションなどを視察後に語った。
 介護士やホームヘルパーから「いくら働いても報酬が低すぎて生活できない」との声が強まっていることを受けた発言とみられる。舛添厚労相は介護報酬を増やす財源として「介護保険料もある程度は上げないと」とも述べた。介護報酬や保険料の引き上げは、来年初めに開く社会保障審議会などでの議論を経て正式に決める。

処遇がよくない、とわかっているなら今すぐどうにかして欲しいものですが。
次の介護報酬の改定が行われる来年の4月。
介護報酬引き上げによる介護労働者の確保は大きなねらいになりそうですが、
それでも、社会保障費をカットするという大きな方針を転換させるにはいたらないようなので、
どこかで切り詰めなければいけない状況になると思われます。
ここでは介護保険料の話に及んだようですが、
条件付での自己負担金のアップなども視野に入ってくるのかもしれませんね。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • 少し話はそれますが、去年の12月のことを覚えていますか?
    次の介護報酬改定は09年4月に行われることになっていますが、緊急措置として08年4月に実施する選択肢もありました。
    しかし、厚生労働省の「社会保障審議会介護給付費分科会」は12月10日、2009年4月の介護報酬改定を1年前倒しする緊急措置を見送り、08年4月には改定しない方向で合意しました。
    その理由はこんなものでした↓
    「介護報酬を設定するには労働者や事業者の視点だけでなく、サービスの報酬単位や保険料に関する社会的な合意が必要」と、
    今後幅広い観点から詳細な検討を行うことになりました。
    期待ハズレもいいとこです。
    今後どのような調査をしてどう検討していくのか、注目していきたいと思います。
    ちなみにこの関連の記事はCBニュースで読めます。
    介護士として生きている身としては、
    厚生労働省が今更こんなことを議論して、
    「緊急措置」を見送るという行為に、
    2009年の介護報酬改正は厳しいものになるのではないかと
    考えずにはいられません。

  • いつもコメントありがとうございます。
    介護報酬の改定の議論には、
    つねに財源の話が付きまとって、まったく進展する様相を見せませんね。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です