老人保健施設にナイフ男。面会者と看護師を刺す。

介護老人施設にナイフ男、面会客ら2人刺す…仙台

 18日午後1時30分ごろ、仙台市太白区茂庭台、介護老人保健施設「茂庭台豊齢ホーム」玄関ロビーで、果物ナイフ(刃渡り10センチ)を持って侵入してきた男が、面会に訪れていた同市青葉区の女性(60)の右脇腹付近を背後から刺した。
 さらに男は、助けに入った女性看護師(50)の左脇腹も刺した。2人は重傷。
 同施設からの110番通報で駆け付けた宮城県警仙台南署員が、ロビーのソファに座っていた男を、面会客の女性に対する殺人未遂の現行犯で逮捕した。
 調べによると、男は近くに住む無職蟻坂康義容疑者(32)。蟻坂容疑者は「ホームで働いていた知り合いの男に裏切られた。利用者を殺して恨みを晴らしたかった」と供述している。

老人保健施設にナイフを持った男が侵入し、面会者と看護師が刺されて重傷となっています。

蟻坂容疑者は「ホームで働いていた知り合いの男に裏切られた。利用者を殺して恨みを晴らしたかった」と供述している。

っていうか、利用者さんが何をしたわけでもないのに・・・。
利用者さん自体には大きな被害はなかったと思われますが、
目の前でナイフで人が刺される光景を見ることが与える心理的な影響は計り知れないですよね。
こういった事件があることで、面会者へのチェックが必要以上に厳しくなったり、
面会者の制限ができてしまったり、地域との交流の妨げになったりということがないことを願いたいのですが。