過大請求、不正請求。チェック機能はその役割を果たせているのか。

介護福祉ブログコミュニティ

介護報酬を過大請求──兵庫の施設運営法人、過払い4億5000万円か

 兵庫県佐用町の介護老人保健施設「ハイム・ゾンネ」を運営する社会福祉法人「平成福祉会」(理事長・大田研治姫路市医師会長)が、約9年間にわたり介護報酬を過大請求していたことが8日分かった。
 兵庫県龍野健康福祉事務所の試算では、返還請求が可能な過去5年分だけで、過払い額は約4億5000万円に上るとみられる。同事務所は、不正な水増し請求だった疑いもあるとみて、平成福祉会に対し過払い分の返還などを指示した。
 同事務所によると、ハイム・ゾンネは入所定員84人で1989年開所。98年5月から今年1月にかけて常勤医師はおらず、医師の出勤日は月10日程度だった。
 介護保険法では、常勤医師がいなければ介護報酬を3割減額して請求すべきなのに、平成福祉会は全額を請求していた。

先日、架空勤務の職員に給与として5000万円を振り込んでいたというニュースで紹介した老人保健施設「ハイム・ゾンネ」。
この「ハイム・ゾンネ」、過大請求を行っていたことも明らかになりました。
過払いは4億5000万円と、非常に高額です。
過大請求に気がつかないわけがないようにも思えますが。。。
そして、9年間、この不正請求が続けられてきたわけですから、
チェック機能にも大きな問題がありますよね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です