パロ人気、介護関連施設での評判。

アザラシ型ロボット「パロ」

デイサービス施設でパロが人気

 ギネスブックが「世界で最もセラピー効果があるロボット」と認定したアザラシのぬいぐるみロボット「パロ」が、出雲市内のデイサービス施設に導入され、お年寄りに大人気だ。表情や会話の変化から、センター職員はパロの療養効果を実感している。
 産業技術総合研究所(東京都千代田区)が開発したパロは、感情があるかのように状況に応じてまぶたや体を動かしたり、鳴き声を出すのが特徴。体長六十センチ、重さ二・八キロで、人工毛皮に覆われて触り心地は柔らか。
 導入したのはJAいずも福祉会で、市内四カ所のデイサービス施設「みどりの郷」に一台ずつ配備し、お年寄りにふれ合いを楽しんでもらっている。
 みどりの郷大社を利用する女性(88)は「かわいくて、とってもいい子。まるで孫のよう」と抱いてにっこり。同所の日野美枝子施設長(52)は「パロが来て二週間だが、お年寄りの表情がいきいきしてきた。会話も増え心が活性化しているようだ」と話す。

以前にもお伝えした大人気のアザラシ型ロボット「パロ」ですが、大人気です。
このコメントも面白い。

 みどりの郷大社を利用する女性(88)は「かわいくて、とってもいい子。まるで孫のよう」と抱いてにっこり。

・・・ずいぶん毛深いお孫さんだったんですね。
セラピー効果が高く、衛生面でも安全で、そしてかわいい。
パロを通して、利用者さん同士、そして利用者対職員のコミュニケーションも広がります。
いいケアのできている施設はその効果をきっと実感し、
その効果を最大限に生かそうと考えているでしょうね。
逆に、介護という名の業務から離れられない施設では
きっと猫の手も借りたいならぬ、「パロの手も借りたい」という声が聞こえてきそうですけどね。


ちなみに、こちらはキン肉まんに登場するウォーズマンの必殺技
「パロスペシャル」です。
きっと何の関係もないので、パロに関節技をかけるのはやめましょう。