介護殺人?発見者となったヘルパーに与えるショックの大きさは。

介護福祉ブログコミュニティ

アパートに男性の変死体=首に刺し傷、息子を聴取へ

 11日午前8時半ごろ、千葉県松戸市上本郷のアパートを訪ねた介護ヘルパーの男性(69)から「室内に入れてもらえない。何かトラブルがあったようだ」と110番があった。県警松戸署員や救急隊が駆け付けたところ、住人の職業不詳角尾芳春さん(69)が寝室ベッドにあおむけに倒れ、首を刺され死亡していた。
 一緒にいた息子(54)も首にけがをしており、病院に運ばれた。「数日前に自宅で父を包丁で殺害した。自分も死のうと思い、別の包丁で首を切ったが死に切れなかった」と話しており、同署は回復を待って殺人容疑で事情を聴く方針。

訪問した家で、利用者さんが死んでいた。
しかも、その人の義理とは言えども息子による殺人で、その第一発見者となったとしたら、
そのヘルパーが受けるショックは非常に大きいものだと思います。
殺人というケースは少ないにしろ、
予期せぬ状況で死を目の当たりにするヘルパーの精神的ケアというものは重要だと思います。
ふと気づいたのですが、
このヘルパーさんと利用者さん(故人)は同い年なんですね。
ご高齢でも頑張っているヘルパーさんはたくさんいますね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です