介護保険料 40歳未満に拡大すれば「20歳以上」なら1700円

介護福祉ブログコミュニティ

保険料のお支払いは忘れずに。

介護保険料 40歳未満に拡大すれば「20歳以上」なら1700円

▼ 引用 ▼ 

厚生労働省は29日、来年の介護保険制度改革で、
被保険者の範囲を拡大した場合の介護保険料の試算を公表した。
現行40歳以上の保険料負担者を20歳以上などに広げた場合、
新たな負担層となる40歳未満の保険料は、初年度(2006年度)で
月額1700―1900円(全国平均)と見込んでおり、
本人負担額はこの半額の同850―950円になる。

試算では、介護予防などで給付を抑制し、
受給者の範囲を現行の原則65歳以上から0歳以上とすることを前提に、
負担者について
〈1〉20歳以上
〈2〉25歳以上
〈3〉30歳以上
〈4〉35歳以上の4パターンを提示した。
それぞれについて、
40歳未満の若年層の保険料を40歳以上の半額とするケースと、
同額とするケースを推計した。

このうち、同省が念頭においている半額負担のケースで見ると、
2006年度の若年層の保険料は、
「20歳以上」「25歳以上」とした場合は月額1700円。
「30歳以上」は1800円。
「35歳以上」は1900円。
65歳未満の保険料は半額を勤務先の会社か国が負担するので、
本人負担はこの半額になる。

▲ ▲ Yomiuri On Line より

いよいよ保険料を払うことになりそうです。
ちなみに、私toto職人は現在26歳。
20歳以上もしくは25歳以上まで拡大した場合は
支払わなきゃいけないと。
で、その金額月額1700円。1700円ですよ。
極貧生活を続ける我が家には痛いわけですよ、これが。
もう一週間の食費になりそうな感じですね。
で、1700円を1年間で2万400円。
嗚呼。。。

とりあえず、その試算の内訳と、しっかりとした説明責任を。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です