車いすも着実に進歩 国際福祉機器展

介護福祉ブログコミュニティ

今年も行けません。

車いすも着実に進歩 国際福祉機器展

▼ 引用 ▼ 
ことしで31回目となった国際福祉機器展
(全国社会福祉協議会・保健福祉広報協会主催、朝日新聞厚生文化事業団など協賛)が
東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開かれ、
連日4万人を超える入場者でにぎわっている。
障害者が車いすのまま運転席に出入りできる軽乗用車の試作が初めて登場。
車いすも、使用者の体格や障害の状態に合わせて調整できるなど、
着実な改良が見られるという。15日まで。

出展したのは過去最高の645社で、海外からも14カ国77社が参加している。

▲ ▲ asahi.com より

毎度のことなんですけどね。今年も行けないんですよ。
なにもうちの引越しの日なんかにやらなくてもいいじゃない。

まぁ、眺めているだけでも楽しそうな福祉機器展。
介護福祉のこういった展示会や催し物としては
異常なほど一般の方の来場が多いのが特徴ですよね。
15日まで開催しているので、みなさんもどうぞ。

ぜひ来年こそは。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です