施設入所者の参政権を侵害するもの。

介護福祉ブログコミュニティ

介護施設入所者に成り代わって投票した疑いで3人逮捕

 長崎県警は16日、参院選の不在者投票で、同県五島市の介護老人保健施設「五島福寿園」の入所者に成り代わって勝手に投票したとして、同園事務長谷川義子容疑者(71)=同市岐宿町=と職員2人を公選法違反(投票偽造)の疑いで逮捕し、発表した。
 ほかに逮捕されたのは、同市三井楽町、入里シゲ子(47)、同市上大津町、松本美和(43)の両容疑者。
 発表によると、3人は7日、同園での不在者投票で、意思表示ができない90代の複数の男女の投票用紙に、当選した金子原二郎氏の名前を書いたり、「自民党」と書いたりした疑いが持たれている。

国政選挙が行われるたびにこんなニュースを目にしている気がします。
施設入所者も比較的投票がしやすい環境が整えられるようになってきましたが、
それとともに、入所者の一票というものの価値が軽んじられているようにも思います。
国民の持っている参政権という権利を堂々と侵害するわけですから、
権利擁護の仕事をやっている者としてはあってはいけないですよね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です