津久井やまゆり園で起こった深夜の惨劇。19人死亡、元職員の男性植松聖を逮捕。

障害者ら刺され19人死亡26人負傷、男逮捕 相模原

津久井やまゆり園の報道

津久井やまゆり園の報道

 26日午前2時45分ごろ、相模原市緑区千木良(ちぎら)の障害者施設「津久井やまゆり園」から、「ナイフを持った男が来て、人が刺された」と110番通報があった。神奈川県警によると、男が次々に入所者を刺し、19人が死亡、26人がけがをした。近くに住む植松聖(さとし)容疑者(26)が津久井署に出頭し、県警は殺人未遂と建造物侵入容疑で緊急逮捕。殺人容疑に切り替え、27日に横浜地検に送検する。

 警察庁によると、平成元(1989)年以降、最も死者の数が多い殺人事件となった。消防や県などによると、亡くなったのはいずれも入所者で、41~67歳の男性9人と、19~70歳の女性10人。26人のけが人のうち、重傷者が13人に上るという。けが人には職員2人も含まれていた。

 県警によると、植松容疑者は26日午前2時ごろ、同園で入所者の女性(19)を刺して殺害しようとした疑いがある。調べに対し、「意思の疎通ができない人たちをナイフで刺したことは間違いない」と容疑を認めたうえ、「障害者なんていなくなればいい」と話したという。県警は植松容疑者が身勝手な動機から事件を起こしたとみて調べる。

 植松容疑者は東居住棟の1階東側の窓をハンマーで割って施設に侵入し、結束バンドを使って施設職員を拘束。所持していた包丁やナイフを使い、次々に入所者を刺したという。

 津久井署には午前3時ごろ1人で出頭。この時に持参したかばんには、血が付いた刃物3本が入っていた。また、乗ってきた車の後部座席からは、少量の血液が付いた結束バンドも見つかった。

 同園は、県が設置し、指定管理者である社会福祉法人かながわ共同会が運営している。植松容疑者は今年2月までこの施設で働いていた。

 同園は神奈川県北西部にあり、東京都や山梨県との境に近い。県などによると、知的障害者ら149人が長期で入所中。敷地は3万890平方メートル、建物は延べ床面積約1万1900平方メートル。2階建ての居住棟が東西に2棟あり、20人ずつが「ホーム」と呼ばれるエリアに分かれて暮らしていた。

許せないとしか言いようがありません。
容疑者は「障害者なんていなくなればいい」と供述しているようですが、そんなことをいえる資格を持った人間はこの世の中のどこにもいない。

施設はこんな事件も想定して入居者の命を預からなければいけないのか。
ハンマーで窓をたたき割って侵入してくる人間に、ナイフと包丁を持ち襲い掛かる人間に、どう対処していけばいいのか。
衆議院議長宛に事前に犯行予告があったものの、行政では何ら対応することはなく、事件は起きたのです。

この事件は、19人の死者という死者の数ももちろんですが、それだけで測れない大きな傷跡を残しています。
負傷した入居者は苦痛と恐怖を、
職員も恐怖や無力感に、これからずっと苦しむのかもしれません。
夏季休暇で休みを取っていた職員など、
事件時にその場にいなかった人たちも感じるべきでない罪悪感を感じてしまうのかもしれません。

亡くなられた方の痛みに謹んでお悔やみを申し上げます。
そして、入所されている方々、職員の方々がその苦しみから少しでも解放されるため、
治療や心理面も含めたケアが行き届きますように願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です