お泊まりデイサービスで職員が利用者を暴行。

介護福祉ブログコミュニティ

デイサービス利用者を殴る蹴る…介護会社社長ら

 広島県福山市の2か所のデイサービス施設で利用者を殴るなどしたとして、広島県警福山東署は26日、両施設を経営する同市明神町の介護福祉会社「縁(ゆかり)」の社長で介護士の孫衛容疑者(42)(福山市北本庄)と、両施設で勤務する他の介護士2人を暴行容疑で逮捕した。3人は調べに対し、いずれも容疑を否認している。

 他に逮捕されたのは、介護士・赤井千景(48)(同市南蔵王町)、その長女で同居の同・亜希(27)両容疑者。

 発表では、孫、千景両容疑者は共謀して今年6月1日午後2時頃、福山市明神町の「デイサービスゆかりの家」で、男性利用者(84)の顔や胸を数回殴った疑い。

 亜希容疑者は9月15日午前10時30分頃、同市北本庄にあり、宿泊が可能ないわゆる「お泊まりデイサービス」も行う「デイサービスゆかりの家北本庄」で、女性利用者(61)の後頭部を蹴った疑い。

顔や胸を数回殴る、というだけでなく、後頭部を蹴る、という内容ですので、その悪質さに開いた口がふさがりませんね。

こういった事件があると、「お泊まりデイサービス」自体に向けられる目も厳しくなります。
もちろん、お泊まりデイサービスすべてがそうではないし、
それは事業形態を問わずどういった介護サービス事業所でも起こってもおかしくないことであることは自覚しなければいけません。

ただ、お泊まりデイサービスでは、
事業所によっては、雑魚寝のような状態であったり、
プライバシーの保護が不十分であったりという環境もある実情から、
個人の尊厳に対する意識が薄れてしまいやすいという危険性を含んでいるのかもしれません。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です