平塚市:センサー・GPS・通話機能付き歩数計で見守り事業

介護福祉ブログコミュニティ

平塚市予算:介護予防へ歩数計貸与、病後児保育を事業化へ

 平塚市は14日に発表した2013年度当初予算案に、65歳以上の単身者向けに通話・センサー機能付き歩数計を貸与する事業を県内で初めてスタートさせるなど3事業からなる高齢者見守り事業(2295万円)を新規に盛り込んだ。また、病後児保育事業(1202万4千円)も盛り込むなど子育て環境の整備も推進。市は「安心・安全への対応」を強化したとしている。
 高齢者見守り事業は、歩数計の貸与(1457万6千円、対象600件)、高齢者在宅時緊急通報システム(807万2千円、155件)、はいかいSOSみまもり携帯の貸与(30万2千円、32件)で構成。
 歩数計貸与は、65歳以上の単身者で日常生活に不安があったり、健康増進を希望する人が対象。歩数計には通話機能や、衛星利用測位システム(GPS)による現在地検索機能があり、自宅ではセンサーとして見守りも行う。
 毎日の歩数データを集計し、東海道などをどこまで踏破した距離になったかなどを知らせ、優良者の表彰も行う計画。楽しく歩くことで外出を促し、介護予防につなげ、近所付き合いなども深めてもらう。課税世帯には月額400円、生活保護世帯には無料で貸し出す。高齢者在宅時緊急通報システムはセンサー、緊急通報装置、家の鍵ホルダーを組み合わせ、持病のある高齢者らが自宅で発作などで倒れた際、警備会社が駆け付ける仕組み。市高齢福祉課は、3事業によって24時間365日体制で高齢者の見守りサービスを提供したいという。

使う製品はauのmi-lookじゃないかな、と思っているのですが。
とても面白い取り組みだと思います。
自分の「頑張り」が目に見える形で記録されることで、
意識付けできますよね。
だいたい、医者は「歩きなさい」と言うわけですけど、
言いっぱなしでそのあとに繋がらないのですが、
これがあれば、その後、歩いているかどうかの確認もできるわけです。
充電を忘れて放置してしまう対象者もいたりすると思いますが、
そこは地域やケアマネさんたちの声掛けや見守りも大切ですよね。
個人的な思いとして、平塚市さんには湘南ベルマーレにももっと予算を傾けてほしい。

【祝7周年イベント開催中】スマートフォン ケース カバー 祭 最大級品揃え 純正アクセサリー【a…
価格:7,560円(税込、送料別)

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • 要は携帯電話の機種代補助で通信料は別途かかるのですかね?
    それとも通信通話料込みで月400円なら安いですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です