待ってくれ、洋子。長門裕之さん死去。

長門裕之さん死去、南田洋子さんのもとへ

映画「太陽の季節」などで知られる俳優長門裕之(ながと・ひろゆき)さん(本名・加藤晃夫=かとう・あきお)が21日、都内病院で亡くなった。77歳だった。同日午後9時すぎ、遺体は都内の自宅に帰り、弟で俳優の津川雅彦、朝丘雪路夫妻が迎えた。長門さんは京都市で芸能一家に生まれ、子供のころから数々の映画やドラマ、舞台で名子役として活躍してきた。
 09年10月に亡くなった妻で元女優南田洋子さんとはおしどり夫婦として知られていた。南田さんの介護の日々をつづった著書が大きな話題になった。長門さんは95年に解離性大動脈瘤(りゅう)を患い、薬で血圧をコントロールする生活が続き、昨年手術を受けたばかりだった。

俳優の長門裕之さんといえば、妻南田洋子さんを介護した経験を本にしたことで
大きな反響を呼んだことは記憶に新しいかと思います。
後を追うようにして亡くなった長門裕之さん、
著書のタイトルが「待ってくれ、洋子」だったことが、
何かを物語っているようです。
ご冥福をお祈りします。

待ってくれ、洋子
posted with amazlet at 11.05.21
長門 裕之
主婦と生活社
売り上げランキング: 208511

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です