県対市。田辺市の要介護認定を巡る裁判、その行方は?

要介護認定訴訟:「県保険審の見直し裁決不当」 田辺市が県を提訴 /和歌山

 田辺市が行った要介護認定格下げについて、県介護保険審査会が見直しを命じる裁決を下したのは不当として、市が県を相手取った裁決取り消し訴訟が和歌山地裁に提訴された。介護保険制度が始まってまもなく11年。市が県を訴える異例の裁判が起きた背景には、社会の高齢化に伴い、介護認定に異議を唱える要介護者の増加もあるようだ。
4月19日付で提訴された。訴状などによると、要介護者の女性は04年12月、市に「要介護2」と認定されたが、10年の更新で「1」に格下げされた。女性は10年7月、審査請求し、介護保険審査会は同年10月、女性の請求を認めた。ところが市は裁決に従わず「裁決には要介護1の判断が誤りかどうか示されていない。意味不明で不親切だ」と主張する。
要介護認定をめぐる審査請求は06、07年に急増した。県長寿社会課によると、審査請求の件数は00年~05年は10件未満だったが、06年26件、07年48件、08年24件と膨れあがった。昨年は12件だったが、県の担当者は「介護利用者が増え、(認定内容にも)関心が高まっている」と推測する。
審査会による請求認容もかつてはゼロ続きだったが、06年から毎年1~3件が認められている。ある市の担当者は「財政力が自治体ごとに異なる。認定基準にもばらつきがある」とも打ち明けた。
田辺市やすらぎ対策課は「基準に沿って認定している。介護保険審査会は介護保険を熟知しているのか」と強気。これに対して、県側は「基準に照らして粛々と判断している。制度がある以上、今後も変わらない」としている。

同じ人を、同じ調査の内容を見て、どうして認定があれこれ変わるののか。
全国一律平等を唱えてスタートしたはずの介護保険。
介護保険の利用者が増えたことではなく、
要介護認定の信頼が失われているということが、
今回のような審査請求の増加につながっているかと思われます。
ただ、要介護2から要介護1に「格下げ」したと、普通に表現されているのですが、
この格下げという考え方自体どうなのかなという気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です