介護報酬改定、3%引き上げへ!現実味を帯びてきた介護職2万円収入増加計画。

介護福祉ブログコミュニティ

介護報酬を3%引き上げ、プラス改定は初

 政府・与党は30日、深刻な介護分野の人手不足を解消するため、来年度から介護報酬を3・0%引き上げることを決めた。プラス改定は2000年度の制度発足後初めて。
 これにより賃金を月2万円上げ、全国120万人の介護職の人数を約10万人増員させることを目指すとしている。
 また、改定による介護保険料の急増を抑えるため、1200億円の国費を投入し負担増の一部を肩代わりする。同日発表された追加景気対策に盛り込まれた。
 介護報酬は、03、06年度と連続して下げられたため、介護事業者の収入が増えず、給与が抑えられ、人手不足が深刻化していた。
 引き上げによって市町村の介護保険料(65歳以上)は全国平均で月120円上がる見通し。このため国費を投入し、各市町村に基金を設置する。報酬改定による保険料増額分について、09年度は全額、10年度は半額を基金で肩代わりする。
 40歳~64歳の介護保険料も、市町村国民健康保険、協会けんぽ、一部の健康保険組合の加入者に対し、国費を使って負担軽減を図る。

以前もこのブログで紹介したと思いますが、
前回の介護報酬改定がマイナス2.4%だったことを考えると、
この介護報酬改定で、そのマイナス分を取り戻すような格好になりそうです。
この3%という数字をどう見るかですが、
かなり大きな前進だと見ていいと思います。
あとは、この介護報酬改定の各サービスごとにどう割り振り、
どこをどの程度引き上げていくか、もしくは削るところもあるのかというところでしょうか。
介護職の給料2万円アップ計画はようやく第一段階を踏み出したのかもしれませんね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です