秋田市介護施設20代施設長の自殺は長時間労働とストレスが原因?

介護福祉ブログコミュニティ

秋田の介護施設長自殺:労基署が労災認定 長時間労働など原因 /秋田

 秋田労働基準監督署が秋田市内の介護施設の施設長だった20代の男性が自殺したことについて、長時間労働などが原因として労働災害に認定したことが18日わかった。
 男性側の弁護士によると、男性は介護職場の経験が不十分だったにもかかわらず、役員の説得で施設長に就任。その後月100時間に及ぶ時間外労働をする日が1年近く続いた。さらに市の監査で施設の多額の損失が明らかとなり、管理者としての責任に問われて不安や不眠が続き、関係者からの協力や支援を得られずにうつ病を発症。08年3月に自殺した。同年6月に男性の遺族から「過労死110番」に相談があり、09年3月に労災を申請していた。
 同署は「個別案件については一切話せない」としている。

非常に残念な事件ですが、
施設の職員から見れば現場を知らない施設長、
市からは運営能力を問題視され、その間で孤独感もあったのかもしれません。
100時間くらいの時間外労働というのはそういった特殊な状況でなければ、
大きな問題ではなかったのかもしれませんが、
背負うものの重みに苦しい日々を送っていたのでしょう。
介護の現場では100時間を越える時間外労働・サービス残業をされている方も
かなり多いと思いますが、
それくらいたいしたことないという感覚がまかり通るようではまずいですよね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です