医療保険と介護保険の一体化?制度改正をめぐる駆け引き。

医療と介護、一体化し推進…調整会議設置へ

 舛添厚生労働相は17日、医療と介護を担う省内の医政、老健、保険3局の施策を横断的に調整するための「医療・介護改革調整会議」を新設すると発表した。
 24日に設置する予定で、次官が議長を務め、3局の局長らが参加する。会議で横断的な施策を打ち出すことで、高齢者へのサービスの充実や医療・介護従事者の連携強化を目指す考えで、将来的には医療と介護の保険制度の一体化も検討する。

医療保険と介護保険が一体化という、途方もないアイデアが突然思いつきのように飛び出してきたかのような印象を受けますが、
実は、これは以前から検討されてきたことなのです。
次の介護保険の報酬単価改正では、5年おきの制度の改正も同時に行われることになり、
抜本的な改革があると予測されています。
このとき、介護保険の制度改正と医療保険の制度改正が同じ時期に重なっていることから、
介護保険の改正は医療保険を大きく巻き込んだ形のダイナミックなものになるといわれています。
果たして、どんな制度ができるのでしょうか。。。