介護福祉職員のうち、4人に1人が切迫流産を経験。

介護福祉ブログコミュニティ

介護・福祉:職員の6割慢性疲労 切迫流産4人に1人

 介護・福祉事業所で働く職員の過半数が、自分の健康に不安を感じていることが、日本医療労働組合連合会の調査で分かった。全体の6割は慢性疲労に悩み、妊娠したことがある女性職員の場合は4人に1人が切迫流産していた。人手不足や長時間勤務による過酷な労働環境が影響しているとみられる。

切迫流産の確率は、一般的には20%って聞いたのですが、
もしも慢性疲労がその原因で、流産する危険が著しく高いというのであれば、
これは労働問題じゃなくて人権問題ですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です