広島県老人保健施設で職員が入所者を蹴る。

介護福祉ブログコミュニティ

介護職員けり、入所者けが

 安佐北署は9日夜、広島市安佐北区三入東2丁目、保健施設介護職員市河隆司容疑者(29)を傷害の疑いで逮捕した。2月4日夜、勤め先の同区上深川町の介護老人保健施設「○○○○」で、入所者の無職男性(74)=同区=の胸をけり、1カ月以上のけがをさせた疑い。便座で男性のおむつの交換の最中で「早うせえや、と言われてけった」と供述しているという。
 施設などによると、男性に内出血が見られたため6日、施設の系列病院で診察。翌朝、容体が急変し、市内の別の病院へ救急搬送した。9日昼、施設から同署に通報があった。市河容疑者は9日に解雇された。

介護を仕事としている人であれば、
今回の容疑者の男性のように、「早くせいや」とか言われることありますよね。
それだけで、胸を蹴るほど逆上するというのは理解が難しい部分があり、
精神的に何らかのストレスがあったり、それまでにその利用者に対して何らかの感情を抱いていたり、
そういった背景がありそうな印象を持ちますが。
法人のホームページを見ると、ISO取得を含め、積極的な取り組みをいろいろ行っているようですが、
そういった積み重ねも、こういったことがあるだけで、一気に信頼が失われてしまうというのは残念ですね。


関係者からのコメントにより、施設名を削除させていただきました。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • 初めて投稿させていただきます。
    この事件につきましては、業界全体の信用を深く傷つけたこと、そしてなにより被害にあわれたご利用者様に深くお詫びいたします。全面否定されても仕方のないところ、法人のHPなどをきちんと見ていただき、また私どもの取り組みについては、文中一定の評価をいただき、ありがとうございました。
    この事件は、私どもあと会職員一同とても深く反省した事件でした。その後も、研修などの機会があるたびに、この事件をコンプライアンスの重大違反の教訓として、毎年職員にも話をしております。
    この事件を法人内で風化させるわけではありませんが、今、法人で一生懸命頑張っている職員がいつまでもこの記事により報われないのは残念でなりませんし、また「介護福祉ブログコミュニティ」様の本意でもないと存じます。
    事件から3年経ち、この施設もおかげさまで、また地域との信頼関係も職員の努力で徐々に高まりつつあります。当方の事情を考慮いただき、できましたら、この内容を削除していただければと存じます。(すみません、検索結果からもできれば、出ないような形にしていただければと存じます。)
    突然のメールで長分失礼致しました。
    お返事お待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です