介護施設でのノロウイルス集団感染。あっという間に北上中。

ノロウイルス

柏崎でノロウイルス47人感染

 柏崎市市営養護老人ホーム「御山荘」で今月に入り、入所者と職員計47人がノロウイルスに感染していたことが18日、分かった。同日の市議会厚生常任委員会で報告された。1日から下痢やおう吐などの症状の訴えがあり、12日までに全員が回復。入院者はいなかった。
 御山荘によると、感染したのは入所者41人と職員6人。このうち3人の検便からノロウイルスが検出された。原因については、食事によるものではなく、入所者が通院時に感染した可能性があるとみている。

毎年、冬になるとこのニュースをお伝えしていますが、
すでに介護施設では風物詩になっているといえそうな気もします。

ノロウイルスの胃腸炎急増 国立感染研が注意呼び掛け

 都道府県別の定点当たり報告数は、長崎の34・7人が最多。大分32・1人、佐賀29・0人、福岡26・7人、熊本26・2人と続き、九州が目立つ。

九州をはじめ、西から拡大していくのが特徴なのですが、
最初にお伝えしたニュースのほかにも、すでに、北陸や東北での被害も多数報告されています。
大仙市の特養ホームでノロウイルス 入所者ら18人が症状(秋田)
老人ホームで感染性胃腸炎?女性死亡(山形)
みなさんの施設でも、手洗いや排泄物嘔吐物の処理、今一度見直してみましょう。

ノロウイルス

コメントはまだありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です