今年も行けなかった国際福祉機器展。福祉関連展示会のこれから。

介護福祉ブログコミュニティ

【福祉機器展07】2万5000点を超える福祉・介護商品を展示

「国際福祉機器展 H.C.R.2007」が3日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。34回目を数える今回は、世界15か国・1地域から582社・団体が出展し、「老人と障害者の自立のため」をテーマに2万5000点を超える福祉機器・介護用品が展示された。
近年、福祉機器は多業種からの企業参入により、新たな技術導入や製品の改良が進み、質・量ともに充実の一途をたどっている。今回の展示会でも、多彩な機能を搭載した車いすや介護の軽減を追求したベッドなどの新製品が並び、来場者が実際に試してみる光景が多く見受けられた。
特に高齢者や障害者は切実な問題であるため、各ブースの担当者に新製品の特長、使い方、これまでの製品との違いなどを熱心に聞いていた。
自動車メーカーも各社自慢の福祉車両を展示し、来場者へ懸命になってPRしていた。特に力が入っていたのはトヨタ自動車で、最大のスペースを確保し、9台の福祉車両を展示していた。
同展は5日まで開催され、主催は全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会。5日の午後3時からは福祉車両の選び方・使い方セミナーが会議棟6階で行われる。

今年も行けなかったわけですが、そろそろ土日の開催も検討してほしいと願いつつも、
すでに来年の日程も公式サイトで発表されているわけです。

平成20年の第35回国際福祉機器展 H.C.R. 2008は、平成20年9月24日(水)~26日(金)にて、東京ビッグサイトにて開催いたします。

今年の入場者数は去年並みとのことで128,178人だったそうです。
この福祉機器展(HCR)の特徴はなんと言っても当事者を含めた幅広い層の人たちが集まっているということ。
それまであった、日経ヘルスケアなどの展示会は、ビジネス向けの要素が強く、関係者中心の内容となるのですが、
HCRの場合は、当事者や現場の介護従事者なども多く見受けられます。
福祉機器に限らず、介護福祉に関わる総合的な展示会となったHCR。
これからの福祉関連の展示会は、ビジネスをつなぐというだけではなく、
在宅介護の支援、介護技術の向上など、より幅広い層に開かれたものとなるべきだと思います。
そのためにも、土日開催の検討をお願いしたいのですが。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です