介護福祉士の職責の自覚と思慮深さ。

介護福祉ブログコミュニティ

顔見知りの介護福祉士逮捕-南陽のお年寄り宅強盗未遂

 南陽市荻の高橋フミ子さん(84)宅で22日、刃物を持った若い男が押し入り、何も取らずに逃走した事件で、南陽署は23日、強盗未遂などの疑いで高畠町高畠、介護福祉士で団体職員の青木清晃(きよあき)容疑者(23)を逮捕した。青木容疑者は高橋さんが通う在宅介護支援施設の臨時職員。青木容疑者は「金がほしかった」と容疑を認めている。
 調べによると、青木容疑者は22日午後6時ごろ、高橋さん宅に上がり込み、高橋さんに包丁を突きつけて「金を出せ、金を出せ」と要求し、現金を奪おうとした疑い。
 青木容疑者はマスクやサングラスなどで顔を隠した上で、無施錠の玄関から侵入、室内に押し入った。高橋さんは髪形や大柄な体形から、面識のある青木容疑者であることに気付き、「青木さん」と声を掛けた。さらに、犯行を止めるよう説得したところ、青木容疑者は出て行ったという。
 同署は22日、青木容疑者の身柄を確保した。供述通り、車で逃走した際、南陽市金山の道路脇に捨てられた包丁などが23日に発見されたことなどから逮捕した。
 青木容疑者は3年前から南陽市内の介護支援施設で働いている。高橋さんは週1回程度、この施設を利用し、青木容疑者が送迎することがあった。高橋さんは22日もこの施設を利用し、別の職員に送られて帰宅。その十数分後に青木容疑者は押し入った。

何とも情けない事件ですが。

 青木容疑者はマスクやサングラスなどで顔を隠した上で、無施錠の玄関から侵入、室内に押し入った。高橋さんは髪形や大柄な体形から、面識のある青木容疑者であることに気付き、「青木さん」と声を掛けた。さらに、犯行を止めるよう説得したところ、青木容疑者は出て行ったという。

バレバレじゃないですか。
短絡的で自己中心的で、思慮に浅い。
介護福祉士としての職責を果たせるもんなんでしょうか。。。
介護福祉士国家試験実技が来週に迫っておりますが、
受験するみなさんが、責任感を自覚し、この資格を手にすることを願います。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です