介護福祉士の信用失墜行為。本当に多いですね。

介護福祉ブログコミュニティ

わいせつ目的で女子高生に安定剤

 女子高校生に精神安定剤を飲ませたとして、渋川署は二十五日、傷害の疑いで、沼田市佐山町、介護福祉士田口文彦容疑者(32)を逮捕した。「わいせつ目的だった」と容疑を認めている。
 調べでは、田口容疑者は昨年十一月二十六日午後六時二十分ごろ、同市内の路上で道を尋ねるふりをして、利根郡内の当時、高校三年だった女子生徒(18)を乗用車内に誘い、「ラムネを食べないか」と偽って、精神安定剤エチゾラムなど錠剤数錠を飲ませ、急性薬物中毒にさせた疑い。
 田口容疑者は、女子生徒を渋川市内のホテルに連れて行ったが、不審に思ったホテル従業員が一一〇番。女子生徒は意識がもうろうとし、数日間、ふらつきや吐き気などの症状が続いたという。
 田口容疑者は錠剤の入手経路について「忘れた」と供述しており、同署で追及している。エチゾラムは不安や緊張を和らげる安定剤で、医師の処方せんが必要。意識障害や、ふらつきなどの副作用があるという。

なんだか、ニュースに「介護福祉士」という言葉が出るときは、
たいがい悪いことをしたニュースだと思えてしまいそうな今日この頃。
このエチゾラムが、勤務先から取ってきたものだとしたら、
ますます許せないですよね。


・・・車に誘われて乗っちゃった女子高生もどうかとは思いますが。

介護福祉ブログコミュニティ

1 個のコメント

  • 介護福祉士、田口文彦が抗不安薬を少女に飲ませて暴行

    少女にうつ病治療薬=わいせつ目的で-介護福祉士を逮捕・群馬県警 少女にうつ病治療薬に使われる抗不安薬エチゾラムを含む錠剤をのませたとして、群馬県警渋川…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です