人も自分も笑いで元気に 徳島でお笑い福祉士活躍

介護福祉ブログコミュニティ

新資格誕生。

人も自分も笑いで元気に 徳島でお笑い福祉士活躍

▼ 引用 ▼ 

笑いこそ健康の源。
徳島県で地元出身の上方落語家、笑福亭学光さん(50)が考案した
「お笑い福祉士」が活動を始めた。
学光さんのもとで腕を磨き“資格”を取得した素人が
老人介護施設を回って芸を披露し、お年寄りに笑いを届けている。

お笑い福祉士は、以前から施設を慰問していた学光さんが
「お年寄りが笑いで元気になれるのを痛感した」と、
一緒に回る仲間を養成するために考案したという。

徳島市内のカルチャーセンターで、
学光さんが講師を務める「お笑い福祉士養成講座」が開講したのは2004年4月。
現在は2期目の受講生が月3回、
資格取得を目指し腹話術や落語など半年間の修行を続けている。

“卒業”すれば能力に応じ1-5級が与えられる。
3級で人前に出て芸を披露でき、
2級なら学光さんの前座、1級になれば独演会を開くこともできる。
同年9月には3人が3級を取得、お笑い福祉士が誕生した。

▲ ▲ 神戸新聞 より

「お笑い福祉士」ですかぁ。
漫才ブームですからね。
でも、それ以上に大切なのは、まわりのサクラ。
サクラが上手に笑うことにより、対象者の笑いが引き出す力となるのです。
では、「サクラ福祉士」も。。。

回想法だの何だのって、ぎょうぎょうしくマニュアルがあったりしますが、
昔の民話とか落語とか漫談とか、
そんなので引き出されるものも多いんじゃないんですかね。

で、実際面白いのかどうかはみなさんの目で確かめてみましょう。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です