行政用語から「痴呆」消滅 新呼称「認知症」に

介護福祉ブログコミュニティ

厚生労働省からのクリスマスプレゼント、、、とはいきませんよね。

行政用語から「痴呆」消滅 新呼称「認知症」に

▼ 引用 ▼ 

痴呆に替わる呼称を検討していた厚生労働省の検討会は24日、
新呼称を「認知症」とする報告書をまとめた。
これを受け、厚労省は年内にも
行政用語を認知症に変更するよう都道府県などに通知し、
来年の介護保険制度改正でも法律用語として使用する。

痴呆という言葉には侮蔑(ぶべつ)的意味合いが強く、
必要なケアや治療の妨げになったり、
予防対策から高齢者を遠ざけているケースがあるとして、
厚労省が呼称見直しの検討会を設置。
国民からの意見も募集して検討した結果、
認知症が最もふさわしいと判断された。
検討会は来年を認知症を知るキャンペーン年とし、
病気の理解や用語の普及を進めることも求めた。

▲ ▲ yahoo! News

ということで、正式に決定されています。
この「認知症」という言葉の認知度はどの程度か。

名称が変わったからといって、
必要なケアや治療が適切に行われるわけではなく、
それは携わる専門職や社会の意識が変わることが大前提。
そのためのひとつの意識付けとなりえるか。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です