アルツハイマー予防にリンゴ、毎日1個皮ごと食べる

介護福祉ブログコミュニティ

さっそく、その「認知症」予防のニュース。

アルツハイマー予防にリンゴ、毎日1個皮ごと食べる

▼ 引用 ▼ 
毎日1個のリンゴが、アルツハイマー病など痴呆(ちほう)の予防に役立つ可能性がある。
こうした実験結果を米コーネル大などの米韓共同チームがまとめた。

新鮮なものを生のまま皮ごと食べる方が効果が期待できるという。
全米化学会の専門誌の来月1日号に掲載される。

研究チームによると、
リンゴには高い抗酸化作用を持つ物質ケルセチンが多く含まれる。
抗酸化物質には、アルツハイマー病の進行や脳細胞の老化などから、
細胞を守る効果があるとされ、抗酸化力の高いケルセチンが特に注目されている。
マウスの脳細胞を過酸化水素にさらした状態でケルセチンの効果を調べた実験では、
抗酸化作用が高いとされるビタミンCよりも明確に高い効果が確認された。

研究チームは
「人の体内での働きなどを慎重に分析する必要がある」とする一方、
実験結果をもとにした目安として、
「1日あたり少なくとも1個食べれば体内の一定量が確保できる」としている。

▲ ▲ Yomiuri On Line より

この前、カレーが効果的だと聞いたので
ひょっとしたらりんごとはちみつが恋をするバー●ントカレーは
「認知症ケア」の最前線。

で、皮ごとです。皮ごとまるかじり。
みなさんもりんごの皮は捨てずにお召し上がりください。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です