北海道でも車いす散歩中の交通事故で利用者死亡。

介護福祉ブログコミュニティ

車いすにトラック衝突 102歳女性が死亡 日高の道道 ヘルパーと散歩途中に

 二十二日午後一時五十分ごろ、日高管内日高町美原三九の道道で、車いすに乗っていた同町美原二、無職田端よしゑさん(百二歳)と、車いすを押していた同町富川東五、介護ヘルパー上島智恵子さん(52)がトラックにはねられ、田端さんは全身を強く打ち、外傷性ショックで間もなく死亡、上島さんは頭を切って重傷を負った。門別署は業務上過失致傷の現行犯で、トラックを運転していた苫小牧市沼ノ端、運転手安部勝容疑者(44)を逮捕した。
 現場は歩道と車道の区別のない幅約七メートル、片側一車線の道路。田端さんの自宅から約二百メートルの地点で、ふだんからトラックの通行量が多かった。
 同署によると、道路左端を歩いていた田端さんらの後ろからトラックが衝突しており、安部容疑者が前をよく見ていなかったとみて調べている。

つい2日前に紹介した福岡でのニュースと同じような事件です。
何とも残念な事故ですが、こういった事故が続けざまに発生した形になりました。
どちらも、車いすで、散歩中で、利用者は死亡して、介護者(年配の女性)は重傷です。
共通点の多いふたつの事故ですが、これ以上繰り返されないことを願いたいですね。
また、この時期、散歩は気分もよく、解放感があり、気分も緩みやすいので、
みなさん気を引き締めて。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です