フランスベッド、高齢者でも容易に麻雀が楽しめる「リハビリ麻雀卓」を発売

介護福祉ブログコミュニティ

高齢者施設に雀ゴロ誕生の予感。

フランスベッド、高齢者でも容易に麻雀が楽しめる「リハビリ麻雀卓」を発売

▼ 引用 ▼
フランスベッドは、牌積み支援機能を備えた「リハビリ麻雀卓」を9月10日に発売する。
高齢者や障害者にとって困難な洗牌後の牌積みは簡単にすることで、
麻雀を容易に楽しむことができ、
ゲームプレイの判断、点数計算、牌の操作などを通じて心身の活性化を目指す。

本機では、麻雀卓側面のレバーを回すと卓面の一部が沈み、牌積み用の溝が現われる。
1段目を積んだ上でさらにレバーを操作すると並べた牌が沈み込み、
2段目の牌を並べる溝ができる。
2段目を並べ終わったらレバー操作で卓面をせり上げて牌積みが完成するというもの。
すべて手動で操作する。

外形寸法は幅830×奥行き830×高さ740mm、重さ39kg。
価格は20万7900円(税込み)。
別売で、高齢者などに見やすくあ使いやすいサイズの専用牌と専用イスがある。

▲ ▲ nikkei medwave  より

こちらがその商品

牌を積むっていう作業は結構骨が折れるもので、
全自動の麻雀卓なんて便利なものもあるんですけど、
あくまでリハビリにこだわって、全て手動で操作という、
麻雀への飽くなき欲求をリハビリに持ち込んだ逸品ですね。
いままで全自動の麻雀卓とか持ち込むことに難色を示していた施設側も、
「リハビリのため」であれば、この麻雀卓を導入したりするかも。
そうしたら、麻雀好きの高齢者には大うけでしょうね。
男性は特にデイに行ってもやることなくボーっと過ごす方が多いみたいだし。
デイサービスが雀荘になったり、
逆に雀荘がデイサービスになる日もそう遠くないですね。
嬉しい時代です。
うちの親父もきっと大喜びすることでしょう。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です