デイケア送迎車が電柱に衝突、利用者二名が死亡。

介護福祉ブログコミュニティ

お年寄り送迎のワゴン車が電柱に衝突…2人死亡

 19日午前9時55分頃、愛知県春日井市桃山町の市道で、同県小牧市下末、会社員中林俊裕さん(24)が運転する介護老人保健施設(春日井市)の8人乗りワゴン車が道路右側の電柱に激突した。
 この事故で、春日井市梅ヶ坪町、野田孝さん(83)が外傷性ショックで、同市篠木町、渡部節子さん(81)が脳挫傷で死亡したほか、77歳から95歳の男女4人も軽傷を負った。
 県警春日井署の発表によると、野田さんと渡部さんは、後部座席に固定された車いすに乗っていたという。ワゴン車には、ほかに同施設の女性職員(24)が同乗し、お年寄り6人を同施設へ送る途中だった。
 現場の市道は幅約5メートルの緩やかな左カーブ。ワゴン車はカーブを曲がり切れずに電柱にぶつかっており、同署はハンドル操作を誤ったとみて調べている。

こういった通所送迎での事故のニュースが増えたような気がします。
もちろん、事業所の数が増えて送迎の車の台数自体が増えたのもそうでしょうけれど。
今回のようなデイケアの場合はあまり介護報酬改定の影響で
時間に関しての影響は少なかったと思いますが、
通所介護(デイサービス)は、
時間区分の延長の影響で、送迎時間が朝のラッシュ時間に重なったり、
夕方の暗い時間に運転することが多くなったり、
当然、事故につながる危険性も多くなります。
介護職員は、
人命を預かって運転しているという意識を持つとともに、
十分な休息を取るようにしましょう。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です