ケアマネ試験、合格発表ミスで201人が合格取り消し。

介護福祉ブログコミュニティ

介護支援専門員試験:判定ミス、誤って201人合格に /埼玉

 県は17日、10月19日に行った介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格試験で合否判定にミスがあり、201人を誤って合格にしたと発表した。
 この試験は、受験者が既に持っている資格によって受験内容や合格基準点が異なる。採点と合否判定処理を受託した「日本通信紙」(東京都台東区)は、電算処理で合否を判定する際、社会福祉士などの資格を持つ人の合格点の設定を14点以上とすべきところ、誤って0点と入力していた。また試験を実施した県社会福祉協議会も、採点結果と合格基準の照合を10人分しか行わなかった。
 10日に合格通知を郵送し、インターネット上で合格基準などを公開したところ、16日に受験者ら2人から「合格基準に達していないのに合格通知が届いた」と連絡があり、誤りに気づいた。改めて正しい合否通知を送り、電話で順次謝罪している。

これは謝罪だけではすまない問題かもしれないですね。
合格という結果を聞いたらケアマネの仕事を探すために職を変えるために退職する人もいるでしょうし、
次年度からの居宅への配置換えが決まってしまっている人もいたりするんじゃないでしょうか。
ケアマネ試験はこれだけではなく、ずさんな運営が目立ちます。
たしか2年前は京都でフライングで合格発表をHP上に掲載してしまったこともありました。
介護保険の肝でもあるケアマネの試験なわけですから、
運営する社会福祉協議会にはより自覚を持ってもらうことが必要かもしれませんね。。

介護福祉ブログコミュニティ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です