介護の日は、9月15日?それとも11月11日?

介護福祉ブログコミュニティ

「介護の日」で意見募集 厚生労働省

 介護について理解を深めようと、介護従事者や利用者、家族らを支援するために「介護の日」の制定を検討している厚生労働省は、日にちや名称に対する意見募集を行っている。
 日にちは、数字の並びで覚えやすい「7月7日」と「8月8日」、旧「敬老の日」として親しまれてきた「9月15日」、「いい日いい日」との語呂合わせで「11月11日」の4つの候補が対象。
 名称は「介護感謝の日」「かいごの日」「介護の日」「介護ささえあいの日」の4候補から意見を募っている。
 意見は郵送かファクス、電子メールで受け付ける。氏名、性別、職業、連絡先のほか「介護の日に対する意見」と標題を記載し7月18日必着。
 あて先は郵便番号100-8916、東京都千代田区霞が関1ノ2ノ2、厚生労働省社会・援護局福祉基盤課、「介護の日」事務局。ファクスは03(3591)9898。電子メールはkaigonohi@mhlw.go.jp

すでに「介護の日」は9月25日で日本記念日協会にも登録されているようですが、
さすが厚生労働省、まったくお構いなしですね。
9月15日は敬老の日ということで定着していたようにも思いますが、
ハッピーマンデー制度で、いまは9月の第3月曜日という形になっているんですね。
で、今年はちょうど9月15日が敬老の日になりますね。
重なってしまってもありがたみを感じないし、
介護といっても、高齢者介護だけを想定しているわけではないようなので、
9月15日にするのはなんだかすっきりしないと感じる人も多いように思います。
11月11日がいいかな。覚えやすいし。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です