軽度を介護保険から完全に切り捨てる!?介護給付削減という名の暴力。

介護福祉ブログコミュニティ

介護給付 2兆円削減試算…「軽度」を除外 財務省 負担軽減図る

 財務省は13日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、介護の必要性が比較的低いとされる「軽度の要介護者」を、ドイツのように完全に介護保険の対象から外すと、年間で介護給付費は約2兆900億円、国の負担は約6100億円削減されるとの試算を示した。
 40歳以上が納めている1人あたりの保険料は約1万5000円軽減されるという。
 日本の介護保険は、介護の必要性に応じて8段階で支給額を決めている。財務省は、介護の必要性が最も低い「要支援1」から「要介護2」までの5段階を「軽度の要介護者」と位置づけ、三つの試算を示した。
 他の試算では、軽度の要介護者について、韓国のように、洗濯や掃除など「生活援助」だけ介護保険の対象から外せば、年間で給付費を約1100億円、国の負担を約300億円削減でき、保険料は約800円安くなるとしている。
 また、保険対象を現在のままとし、軽度の要介護者の自己負担割合を現行の1割から2割に引き上げれば、給付費は約2300億円削減できると試算した。
 財務省は今後、介護保険制度の見直しを厚生労働省に働きかけ、社会保障費の抑制につなげたい考えだ。

これ、あくまで試算した。というだけの情報であって欲しいのですが、
それすらも不安になってしまうのが近年の介護保険を取り巻く状況です。
軽度の利用者を完全に介護保険の対象から外す、というのは、
効果のまったく根拠不十分な介護予防を導入してその重要性をどうこういっていたのはいつの話か?
それ以外にも、生活援助を廃止だの、自己負担2割だの、いったいどうしてこんな試算をしようとしたのか?
それで軽減される保険料の額なんてたかが知れているわけです。
たかだかパンダ2頭に年間1億以上の金額を積んで
友好のシンボルだとか浮かれたことをいっている太っ腹な国がすることじゃありません。
国民も、本当の痛みが何かをしっかり判断することが必要です。。。

介護福祉ブログコミュニティ

2 件のコメント

  • 2008年の介護福祉を振り返る、介護福祉重大ニュース。

    いよいよ2008年も終わろうとしています。 来年の介護報酬改定に注目が集まってい…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です