産経新聞「訪問介護の今」にホームヘルパー井戸端会議が紹介されました。

介護福祉ブログコミュニティ

【訪問介護の今(下)】賃金、人間関係…ヘルパー続けることの意味は

 〈も~疲れたよ。人当たりが強い人ばかり。丸く言えば円滑に収まるのに、なんでそんなにエラそうなんだろう〉
 〈使い捨てだから、辞めていくのを待っているみたい。人手が足りないから休めない。辞められない〉
 〈夜中3時にインスタントラーメンを作ってといわれたり、背中がかゆいと30分も背中をかかされた。もう辞めようかな〉
 ホームヘルパーが集うインターネットのサイト「ホームヘルパー井戸端会議」に設置された掲示板は、ヘルパーからの切実な書き込みであふれている。
 「ヘルパーは、事業所に寄らずに介護先と自宅を往復するケースが多く、孤独感にさいなまれている。仕事上の悩みを話す環境として、気軽に愚痴を言える場所を作りたかった」
 サイトを運営するtoto職人。さん=ハンドルネーム=は、不特定多数が利用できるネットの掲示板に愚痴を書き込む場所を設置した理由を話す。
 サイトには1日平均500人が訪れ、活発な意見交換をしている。

産経新聞の特集「訪問介護は今」に、ホームヘルパー井戸端会議が紹介されました。
今年はじめ頃に産経新聞の記者さんのインタビューを受けたときの内容になっています。
いまは平均アクセス数500を下回っちゃってますけど。。。
この記事では詳しく触れられていませんが、
介護福祉士の資格要件の変更なども介護労働者への大きな追い討ちとなりそうです。
こういったサイトを通して、
「自分だけじゃない」「同じつらさを抱えている人がいる」「わかってくれる人がいる」
そんな想いを共有することができればいいなと思います。
介護の未来をもっと楽しく語り合えるような社会的な環境が整えばもっとすばらしいことなのですが。。。

介護福祉ブログコミュニティ

4 件のコメント

  • いつも見ていますよ。
    愚痴はきだめスレッドなどのものすごくブチ切れた書き込みなど、
    おもわず笑ってしまいます。
    きれいごとではすまない。
    こんなこと、どこにも、誰にも言えない。
    そんな思いを吐き出すことのできる、共有できるここが大好きです。

  • 介護に関する基礎情報

    介護というのは、 寝たきりの高齢者や病人、障害者など、 日常生活に支障がある人の…

  • お疲れ様です、初めてメール致します、お答え下さい、宜しくお願い致します。
    ケアーマネージャーが違うケアマネに代わってからが、非常に辛い日々を送っております、包括のケアマネです、独居の利用者さんの事です、今は事業所を替わる事になりました、が、事業所に監査が入ってしまいました、入院している時のサービスに入った様に不正請求した、とか過剰サービスをした、色々と県に申し立てされています、最初にお会いした時に携帯番号を交換したのに電話しても出ない、聞けばわざと出ませんでした、とか、以前のケアマネがプランを立てたプラン、サービスをしてたのですが、とても理不尽さを感じております、ヘルパーとケアマネとの角質を感じてなりません、介護の仕事をして5年です、初めて自身を失くしてます、市の福祉職員も担当ケアマナが替わってから、以前と対応が変わった様に思います、何故か涙が出ます、悔しい気持ちです、宜しくご指導下さい。

  • こんにちは。
    文章の内容からだけではわからない部分も多いので、なんともいえませんが。
    ただ、現場で働く職員と、ケアマネとがしっかり意思の疎通ができていることが介護保険サービスの大前提になりますので、そこができていないと、利用者さんにとってもヘルパーさんにとってもつらいことですよね。
    いろいろと不利な状況なのかなと思いますが、記録や書類を確認しながら、不正やミスなどがなかったことを立証していくことが大切ではないでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です