介護報酬不正受給、クーラディ神戸の悪質な手口。

介護福祉ブログコミュニティ

介護報酬不正受給 容疑の経営者逮捕 兵庫

 神戸市長田区の介護福祉施設「クーラディ神戸」の経営者らによる介護報酬の不正受給問題で、兵庫県警捜査二課と長田署などは六日、詐欺の疑いで、経営者の女(34)=尼崎市水明町=を逮捕した。共犯の女(61)=東京都国分寺市=も書類送検する方針。
 調べでは、経営者の女は国分寺市の女と共謀。女の元夫(71)が要介護認定を受けていることから、同施設からヘルパーを派遣し介護する虚偽の書類を作成し、二〇〇五年九月-〇六年八月の間、国分寺市から介護報酬計約三百三十万円をだまし取った疑い。
 調べに対し、経営者の女は容疑を否認している。共犯の女は、同施設から約百七十万円を受け取ったことが判明している。

あわせて1100万円を不正受給したクーラディ神戸。
どうやら見てみると、
職員の配置基準違反、架空請求、水増し請求、無資格職員による書類作成と、
ありとあらゆる不正を行っているわけですが、
そこまで至る前に行政のチェックって機能しなかったんですかね。
こちらの記事ではこんな。

 厚生労働省によると、二〇〇五年度中に不正受給で返還請求を受けた事業所は、全国で四千百カ所以上、請求総額は四十三億円にも上るという。

不正請求の事例は年間4100以上の事業所による不正受給・返還があるということで、
なんだか介護事業者ってそんなにあくどいの?って思われそうですが、多くは請求ミスによるものです。
けど、こういった書き方をされると、介護事業所って悪質なのが多いんだな、って思われちゃいそうですね。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です