過剰工事: 3年間で数千万円分、認知症の老姉妹食い物に

介護福祉ブログコミュニティ

集団レイプみたいなもの。

過剰工事: 3年間で数千万円分、認知症の老姉妹食い物に

 埼玉県富士見市に住む80歳と78歳の姉妹が、複数の訪問業者に勧められるまま、この3年間で数千万円分のリフォーム工事を繰り返し、全財産を失った。姉妹は認知症で身寄りもなく、家が競売に掛けられて、初めて近所の人が気付いた。調査した建築士によると大半が不要な工事で、判断能力のない老姉妹が食い物にされた形だ。連絡を受けた市が裁判所に競売の中止を申し立て、業者側に対しては、近く債権放棄を求める方針。

すごいことですね。

これについて、工事額が最も多い会社の社長は「姉妹は10年来の顧客で病気とは思わなかった。(受注額の)2500万円は多すぎると思うが、下請けが契約を取ったので、全部は把握していなかった」と釈明。返金については「即答できない」と答えた。

— 「病気とは思わなかった」

・・・わけねぇだろ。

地域社会におけるコミュニティが崩壊して、
なかなかよそのうちに干渉することも少なくなり、
こういった業者の温床もできちゃっているわけで。

成年後見制度の必要性について、
当事者が考えるだけでなく、普及のためにどうしたらいいのか、
行政だけでなく、僕らも考えなきゃいけないですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です