「準要介護」は新設せず 認定区分は7つに、厚労省

6+2-1=7

「準要介護」は新設せず 認定区分は7つに、厚労省

▼ 引用 ▼ 

新たな介護予防の導入に伴い、厚生労働省は7日、
介護が必要な高齢者の要介護状態の区分について、
「要支援」よりは心身の状態が重いものの、
「要介護」の中では最も軽度な高齢者が該当する
「準要介護」の新設を断念することを決めた。

 これにより、2006年度からの介護認定区分は予防給付を受ける
要支援1から2の「要支援者」と、
介護給付を受ける要介護1から5の「要介護者」の2つに分け、
計7区分でスタートする。
これまでの議論では、介護サービスを受ける人を「要介護者」、
新予防給付を受ける人を「要支援者」と内定。
その上で、要介護状態の程度に合わせて
それぞれ6区分と2区分の計8つに要介護状態を分ける方針だった。
現行は計6区分となっている。

▲ ▲ 共同通信 より

非常に混乱を招きそうだった魅惑のグレーゾーン「準要介護」は消えました。
こちらでも書いたのでまた改めて書くことはしませんが。
http://kaigo.exblog.jp/1504507/

結局、要支援を二分割するという形に落ち着きそうですね。