盗塁の数だけ、施設に車椅子--赤星、今年は65台

介護福祉ブログコミュニティ

フィールド駆け抜ける 世界一のスプリンター 
期待と夢のせて走れ 赤い彗星~ ♪

盗塁の数だけ、施設に車椅子--赤星、今年は65台

▼ 引用 ▼ 

阪神の赤星憲広外野手(28)は30日、
全国の病院や福祉施設に贈る車椅子65台の贈呈式を
阪神甲子園球場に隣接する室内練習場で行った。
昨年から自身の盗塁数に合わせた台数の車椅子を贈っており、
車椅子1台ずつに気持ちを込めてサインをした。

今年の盗塁数64に4年連続盗塁王のタイトル分として、
リクライニング式1台を加えた65台の希望者を募ったところ、
全国から350件の応募があった。
この日は当選者を代表し、兵庫医科大=兵庫県西宮市=の医師が
黄色のリクライニング式を受け取った。
式の後、発送した他の64台は、同外野手の名前にちなんで派手な赤色だ。

優れた社会奉仕をした選手に贈られる
「ゴールデンスピリット賞」を受賞している赤星外野手。
「足の不自由な人から『走る姿に感動をもらった』と多くの手紙をもらった」
と活動を始めた理由を話し、
「盗塁をしたら車椅子一つと思うと励みになる。ずっと活動を続けたい」と語った。

▲ ▲ 毎日新聞 より

冒頭は赤星選手の応援歌。
64とは言わず、100くらいやってもらってもいいんです。
なんて言ってしまうtoto職人は阪神ファン。

アメリカプロスポーツではこういった取り組みがもともと盛んで、
最近は日本のプロスポーツ選手も真似るようになってきましたね。
しかし、赤星。
自分のイメージカラーだからといって、
派手な赤い車椅子ばかりっていうのはどうか。
まぁ。関西だから、それはそれでいいのかなぁ。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です