介護報酬単価が決定!どうなる2015年報酬改定【通所編】

報酬単価決定(デイサービス編)
報酬単価決定(デイサービス編)

さて、今回の報酬改定で最も注目を集めていた通所介護ですが、
見たら凍りつく人もいるかもしれません。覚悟を決めて見てください。

基本報酬の見直し

小規模型通所介護(7時間以上9時間未満の場合)

 要介護1 815単位/日   ⇒ 735単位/日
 要介護2 958単位/日   ⇒ 868単位/日
 要介護3 1,108単位/日 ⇒ 1,006単位/日
 要介護4 1,257単位/日 ⇒ 1,144単位/日
 要介護5 1,405単位/日 ⇒ 1,281単位/日

通常規模型通所介護(7時間以上9時間未満の場合)

 要介護1 695単位/日   ⇒ 656単位/日
 要介護2 817単位/日   ⇒ 775単位/日
 要介護3 944単位/日   ⇒ 898単位/日
 要介護4 1,071単位/日 ⇒ 1,021単位/日
 要介護5 1,197単位/日 ⇒ 1,144単位/日

大規模型通所介護(Ⅰ)(7時間以上9時間未満の場合)

 要介護1 683単位/日   ⇒ 645単位/日
 要介護2 803単位/日   ⇒ 762単位/日
 要介護3 928単位/日   ⇒ 883単位/日
 要介護4 1,053単位/日 ⇒ 1,004単位/日
 要介護5 1,177単位/日 ⇒ 1,125単位/日

大規模型通所介護費(Ⅱ)(7時間以上9時間未満の場合)

 要介護1 665単位/日   ⇒ 628単位/日
 要介護2 782単位/日   ⇒ 742単位/日
 要介護3 904単位/日   ⇒ 859単位/日
 要介護4 1,025単位/日 ⇒ 977単位/日
 要介護5 1,146単位/日 ⇒ 1,095単位/日

いわゆる小規模デイでは7~9時間で要介護1を例にとってみても、
815単位から735単位になんと80単位もマイナス。
要介護5だったら124単位も減らされてしまいます。

たとえば、要介護5の利用者一人が週3回(月12回)利用していたとします。
一回あたり124単位のマイナスなので、1ヵ月で1488単位のマイナス、地域加算がなければ一人当たり月14,880円の減収です。
これはどう考えても厳しいですよね。
これで職員の待遇改善できるかって、はっきり言って無理な話じゃないですかね。

いくつか加算が創設されていますが、
送迎時の居宅での介助の支援という項目が加えられていて、これを通所サービスの所要時間に含めることが出来るということなので、
これを狙う事業所は多くなるかもしれませんね。
ヘルパー事業所が身体介護でデイの送り出しお迎えをすることよりも、報酬の削減ができるという目論見なのでしょうね。

報酬単価決定(デイサービス編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です