電動車いすタオライトⅡで前輪キャスタータイヤ脱落、リコール2,963台。

電動車いすタオライトⅡ
電動車いすタオライトⅡ

【リコール】アイシン精機、電動車いすに不具合…右前輪脱落の可能性

アイシン精機は、電動車いす(ジョイスティック型)の車輪部分に不具合があるとして経済産業省へリコール(回収・無償修理)を届け出た。

アイシン精機が製造した電動車いす(ジョイスティック型)の右前輪キャスタータイヤ部が破損・脱落し、消費者が負傷する事故が発生した。事故原因は現在調査中だが、製品の前輪キャスタータイヤに製造上の不具合があったことにより、亀裂、剥離が発生したと見られる。

アイシン精機は、事故の再発防止を図るため、12月8日から同社ホームページでの公表、新聞社告を行い、対象製品の部品を交換する。

対象は2004年3月から2014年10月の間販売された「タオライトII」と「タオライトII-m」で、2963台。

ジョイスティック型の電動車いすタオライトⅡに右前輪キャスター部の破損・脱落があったとしてリコール対象商品となりました。
2963台をリコール対象としていますが、レンタルで利用されている方は業者からすぐに連絡等があると思いますが、
購入されている方で気が付いていない方も多いかと思います。
気が付かれた方は早めにご連絡を。

電動車いすタオライトⅡ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です