ヒューマンアカデミーで未申請でのヘルパー2級講習実施が判明。

介護福祉ブログコミュニティ

204人に偽修了証 介護資格で講座運営会社

 専門学校や資格取得講座を運営する「ヒューマンアカデミー」(東京)が、旧ホームヘルパー2級の養成研修を受けた東京、埼玉の高校生ら計204人に偽造した修了証明書を発行していたことが25日、分かった。社員が独断で、必要な東京都への申請を行わずに研修を実施。資格は無効で、都は「介護現場で働く場合は再度研修を受ける必要がある」としている。
 同社は「受講生に迷惑をかけ大変申し訳ない。誠意をもって対応したい」としている。相談室を設置し、社員の刑事告訴を検討している。
 同社によると、偽造証明書を受け取ったのは、平成20年度から24年度にかけて夏休みなどに養成研修を受けた都内の専門学校生103人と埼玉県の私立高校生101人。同社は不採算を理由に20年度から研修を実施しない方針だったが、担当していた男性社員が独断で実施。終了後、偽の証明書を発行していた。

ヘルパー2級講習を受講したはずの204人の資格が無効になるということで、
すでに介護の現場で勤務している方もいるのではないでしょうか。
未申請での研修を行ったヒューマンアカデミーでは、返金や全額会社負担での再講習など、今後の対応についての協議や説明会を行うことになっています。
この場合、再受講するとしたら介護職員初任者研修になることから、
カリキュラムも増えており、受講者が拘束される時間もかなり長くなります。
受講者が受けた被害だけでなく、
受講者が勤務した職場においても、無資格者がサービスを提供していた事実が発生していたということであれば、
介護報酬の返還などについても言及されるのではないでしょうか。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です