介護保険が3800億円の黒字。使われない、使えない介護保険。

介護福祉ブログコミュニティ

介護保険、3800億円の黒字 予想より利用少なく

 全国の市区町村が運営する介護保険で08年度末までに、全国で約3800億円の黒字が見込まれることが9日明らかになった。サービスの利用が当初の見通しよりも少なく、集めた保険料が余ったため。来年4月に介護保険料が改定されるが、黒字分を財源に繰り入れる自治体では、保険料の引き上げが抑えられることになる。
 厚生労働省が、自民党社会保障制度調査会介護委員会に暫定推計値として示した。黒字のうち約6割が財源に繰り入れられる見通しだという。65歳以上の人が払う保険料では、1人当たり月額約200円を引き下げるのに相当する。
 厚労省が11月末に公表した中間集計では、来春以降の65歳以上の保険料は、全国平均で現在より月額約180円アップし、約4270円になる見込み。黒字を繰り入れるかは、各自治体が判断する。

これを黒字といっていいのか・・・。
介護保険がパンク寸前と叫ばれていたのはすでに昔の話。
サービスが極端に制限され、さらに介護報酬も減らされ、
いまや介護保険は全国で約3800億円の黒字。
介護が必要で困っている人たちが減っているわけでもないのに、
これを黒字と言ってもいいのでしょうか。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です